注目キーワード
  1. Kyash
  2. espo
  3. THE THOR

エポスゴールドカードの選べるポイントアップ登録を活用しよう!

エポスゴールドカードの特徴的な特典、「選べるポイントアップショップ」

もらえるポイントが3倍になるというお得な特典ですが、どの店舗を登録するべきか悩みますよね。

また、他のクレジットカードなどを使用していると、どの店舗でどのカードを使うのが得なのか複雑になってきます。

今回はKyashと併用することを前提に、

  • 「選べるポイントアップショップ」で登録すべきお店
  • どこでエポスゴールドカードを使用するか

について解説します!

まだKyashを持っていないという方にも分かるように順番に書いていくので、ぜひ読み進めてください!

Kyashとエポスゴールドカードを併用!還元率を計算して賢く使いこなそう

ポイント還元率のおさらい

エポスゴールドカードは通常200円で1ポイントが付与されます。

還元率にすると0.5%ですね。

「選べるポイントアップショップ」に登録したお店での利用はポイントが3倍になります。

ゴールドカードの還元率

200円で3ポイントがたまるので、還元率は1.5%になります。

リボ払いは200円で2ポイントがたまりお得なように見えますが、手数料が発生するので得になりません。

クレジットカードは還元率の高いものなら、通常還元率が1%なので、「選べるポイントアップショップ」に登録したお店ではお得に買い物ができますね。

前提:Kyashを利用しよう

Kyash

Kyashはご存知でしょうか?

Kyashで発行できるKyash Visaカードは、VISA加盟店で使用できるプリペイドカードです。

プリペイドカードという位置付けですが、使い方はクレジットカードと変わりません。

普段使用しているクレジットカード(VISA、Master)を連携させて使用することができ、クレジットカードのポイント還元+Kyashのポイント還元が受けられるようになります。

つまり、クレジットカードとKyashでポイントの二重取りができるわけですね。

ポイント還元率が高い楽天カードやオリコカード、dカードなどを連携させれば通常時で合計2%還元となり、かなりお得です。

そのため、上記で確認したマルイゴールドカードの1.5%の還元率を上回ることになります。

Kyashは当初2%の還元でしたが2019年10月1日から1%のポイント還元に変わりました。
関連記事

2%という高還元率で一気に普及したKyashですが、2019年9月30日で2%のキャッシュバックを終了しました。 現在は1%のポイント還元となっています。 Kyashの今回の「2%キャッシュバック」終了と「Kyashポイント」ス[…]

PayPayやd払いなど、アプリでの支払いはキャンペーンで高還元率になることが多々ありますが、

  • アプリが使用できない
  • VISA加盟店(クレジットカード利用可)
  • 5万円以下の買い物

であれば、迷わずKyashで支払いを行いましょう。

疑問のトライくん
じゃあ、エポスゴールドカードはどこで使用するの?
ポイントアップ登録した店舗でのみ使用します。高還元率のクレジットカードを持っているなら、0.5%還元の状態で使用する理由はありません。

みんなの疑問:エポスカードをKyashに紐づけた場合、Kyash利用時にエポスポイントはポイントアップされるの?

答えはNO

仕組みを考えると簡単。

Kyashの利用履歴に残る支払先は実際に支払いを行なった店舗ですが、エポスカードの利用履歴に残る支払先はKyashです。

エポスのポイントアップ制度で付与されるポイントはあと付けで、利用先に応じて別で計算されています。

登録しているショップが支払先にならないので、ポイントアップ対象外になるんですね。

そのため、Kyashを使う店舗とエポスカードを使う店舗を分けて考える必要があります。

登録するショップはこれ!

マルイ

マルイを登録した場合、上記の説明とは異なり、200円につき4ポイントが付与されます。

※以下のショップを登録した際は、通常の登録ショップとはポイント加算率が異なります。
→マルイ(OIOI)、モディ、ENEOSでんき、MONA新浦安、IDC大塚家具
【ポイントの貯まり方】

  • 1回、2回、ボーナス払い・・・4ポイント(2ポイント+2ボーナスポイント)
  • リボ払い(分割3回払い以上)・・・5ポイント(3ポイント+2ボーナスポイント)

(引用元:https://www.eposcard.co.jp/pointup/index.html

エポスゴールドカードを使用した場合のマルイでの使用は2%のポイント還元となり、Kyashと並びます。

Kyashには利用上限などの制限が多いので、マルイではエポスゴールドカードの利用枠を使うようにすることで、Kyashを他の店舗で使う余裕ができます。

また、マルイでは「マルコとマルオの7日間」など全店で10%OFFになるタイミングがあります。

マルイはファッションからドラッグストア、旅行など様々な店舗が入っているので使い勝手もよく、エポスゴールドカードを持っていれば利用しない手はありません。

電気・ガス

固定費である電気とガスは、大抵の場合、クレジットカードを登録して自動引き落とし設定することが可能です。

高還元率のクレジットカードでも、キャンペーンなどがない限りは通常時の1%ポイント還元。「選べるポイントアップショップ」に登録してエポスゴールドカードを設定しておくだけで1.5%還元になります。

Kyashは公共料金の支払いはポイント付与対象外です。

マルイ、電気会社、ガス会社で上限の3ショップが埋まりましたね。

上記以外でオススメのショップ

モディ

モディはマルイが経営するショッピングモール。マルイと同じく200円につき4ポイント付与されます。

マルイよりもモディの方が近い、よく利用するという方はモディを登録しておきましょう。

鉄道会社(交通局)

頻度は少ないですが、他に登録するものがないなら鉄道会社を検討してください。

Kyashは交通機関での支払いの場合、ポイント付与対象外です。

ちなみに、Kyashは暗証番号が必要な自動券売機では使用できないので注意しましょう。

Kyashが使えない前提であれば1.5%の還元率は高いので、「選べるポイントアップショップ」に登録して、エポスゴールドカードで支払うようにしましょう。

登録可能店舗一覧と注意点

エポスネットでは登録可能店舗を一覧表示できません。

エポスセンターで一覧をもらったので、PDFファイルを掲載しておきます。(2019年9月時点)

ポイントアップショップ一覧

「選べるポイントアップショップ」は最大で3店舗まで登録できます。

登録できるショップは多いので、今回オススメした以外のお店でよく使うショップがあれば、じっくり考えて選びましょう。

※1度登録すると3ヶ月経たないと変更できないので、慎重に選びましょう!

以上、「選べるポイントアップショップ」で登録すべき店舗についてでした。

選べるポイントアップショップ
最新情報をチェックしよう!